3世帯3人家族の雑記ブログ♪

【住宅ローン金利過去】からの推移

WRITER
 
家 お金

     

      

この記事を書いている人 - WRITER -
神奈川で不動産仲介をやっています(^^) じいじ・わたし・むすめの オールB型 3世帯3人家族です♪

 

今回は「住宅ローンの金利過去からの推移」について

お話ししていきます。

 

史上最低金利などと言われていますが、

 

これを読むと、どのような状況かが、

分かってきます。

えっ!!昔はこんなに金利が高かったの!!

ゆたまる

今ならとてもじゃないけど

マイホーム買えないよ(ToT)

コンさん

 

こんな方に見て欲しい!
 

・住宅ローンのことを知りたい方

・低金利と言われている現在の状況が知りたい方

・金利が違うと支払額の差がどのくらいになるか知りたい方

 

【フラット35民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)】

金利推移

【住宅ローン金利過去】から現在の状況

 

変動金利において大事なポイントが2点あります

 

過去最高金利 8.5%

 

現在の金利 2.475%

 

上記の金利が「店頭金利」と

言われている金利です。

 

この店頭金利から、優遇金利(金利引き下げ)が適用され

 

例えば
 

店頭金利2.475%-優遇金利1.85%で

0.625%

などの住宅ローンの実際の金利となります。

 

最高金利の時代がバブル経済がちょうど崩壊の頃ですね。

現在との金利差が6.025%もあります!

 

金利で言われても違いが実感できないと思いますので、

次で比較していきます。

 

 

⇓自分の年収でどのくらいの価格の物件が買えるのか⇓

【マイホーム安心して買える価格】

 

スポンサーリンク

最高金利と現在の金利での支払い例

 

一概に、最高金利時と現在の金利で

優遇金利は同じとは言えませんが、

分かりやすく同じ優遇金利で計算していきます。

 

※借入額4,000万円 内ボーナス払い0円

 35年ローンで計算

 

最高金利の時
 

8.5%-1.85%=実行金利6.65%

月々=245,795円

 

現在の金利
 

2.475%-1.85%=実行金利0.625%

月々=106,058円

 

差額はなんと月々の支払額で

139,737円

 

月々の支払額が倍以上ですね!

 

当時は土地も高騰していたので、

現状と考えるとダブルでの痛手です。

 お金 無い

 

⇓これからお住まい探しをする方に⇓

【初めてのお住まい購入の流れ】

 

スポンサーリンク

今後の状況について

 

数年前には、東京オリンピックの開催が決まり

景気が良くなり、金利が上昇するとの予測が多くありました。

 

ですが現在の状況は、固定金利には多少の変動はありますが、

変動金利の店頭金利

2.475%に変わりはありません

 

私個人の見解でもしばらくは動きはないと思っています。

 

ですが変動金利のどこが変わってくるかというと、

優遇金利の部分です。

 

優遇金利の金利の引き下げ幅は、

金融機関・その人の内容によって

変わってきますが、

今後、根本的な金利引き下げ幅が縮小される可能性があります。

 

例えば
 

現在、2.0%の優遇金利が適用される方でも、

最大が1.85%になど、優遇金利が減少してしまう

可能性があります

 

優遇金利の引き下げ幅が減少するとどのくらい変わるのか?

支払額を3つのパターンで

金利を0.5%変えて試算してみます。

 

※現在の店頭金利2.475% (基準金利)

 借入額4,000万円 内ボーナス払い0円 35年ローン

 

①優遇金利▲2・0% 実行金利0.475%

 ・月々の返済額 →103,392円

 ・総返済額 →43,424,985円

 

②優遇金利▲1.5% 実行金利0.975%

 ・月々の返済額 →107,860円

 ・総返済額 →45,301,417円

 

③優遇金利▲1.0% 実行金利1.475%

 ・月々の返済額 →121,984円

 ・総返済額 →51,233,498円

 

①と③で金利が1%でも変わってくると

 ・月々返済額 →18,592円

 ・総返済額 →7,808,513円

 

月々の返済額で約1.9万円

 

総返済額で約781万円

 

こんなにも大きく差がでてきます!

 

借入額が増えれば、もちろん

より差が大きくなります

 

⇓よくある質問!『頭金無し』で購入⇓

【頭金無しで家は買えるのか?】

 

まとめ

 

今、マイホームの購入を考えている方々にとって、

過去の動向は関係ないと思われるかもしれません。

 

歴史は繰り返すではないですが、 

過去の動向も読み解いていかないと

これからの動向もつかめてきません。

 

現状の金利が以前より低いのは確かです。

 

今後の動向は確かなことは言えませんが、

金利が少し高くなるだけで

家計へのダメージは計り知れません。

 

お住まい探しの”タイミング”を逃さないよう、

物件だけではなく、金利の動向もチェックして

いきましょう!

 

⇓実際に購入した際の成約事例集⇓

【50歳でマイホーム購入の注意点】

【年収600万円で新築戸建て購入】

【30歳夫婦でマイホーム購入】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
神奈川で不動産仲介をやっています(^^) じいじ・わたし・むすめの オールB型 3世帯3人家族です♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ゆたマルシェ , 2019 All Rights Reserved.