3世帯3人家族の雑記ブログ♪

【賃貸物件の探し方】 探し始めから内覧までのポイント!

WRITER
 
家タイトル

     

      

この記事を書いている人 - WRITER -
神奈川で不動産仲介をやっています(^^) じいじ・わたし・むすめの オールB型 3世帯3人家族です♪

 

 

こんにちは「ゆたまる」です。

 

【賃貸のお部屋探し】

 

物件もいろいろあって悩みますよね💦

 

また探し方もネット検索や不動産屋に行くなど

いろいろな方法があります。

 

今回は【物件検索~内覧まで】

掘り下げて記事にしました。

 

ポイントもまとめてあるので

参考にしていただけば幸いです。

 

皆はどうやって「お部屋探し」してるんだろ?

ゆたまる

いろいろな方法があるから迷うね💦

コンさん

 

こんな方に見て欲しい
・初めて賃貸物件探す方

・近々、お部屋探しする方

・いつも同じ方法でお部屋探ししている方

・不動産営業マン側にたった話を聞きたい方

 

家賃・入居に関わるお金について

 

どんなお部屋に住もうかと…

 

お部屋探しを始めると

希望は膨らんでいきますよね。

 

☆最新設備の物件が良い!

 

☆駅に近くオシャレなマンションに住みたい!

 

などなど…

 

想像・希望だとどんどん良い部屋が出てきます…

 

はい!ここで現実にもどりましょう!

 

優良物件ほど、家賃が高いのが一般的です。

 

まずは「家賃の上限」を決めておきましょう。

 

先に決めておかないと、

後々時間の無駄になってしまいます。

 

収入から考える家賃

 

一般的にですが

 

【家賃の目安は収入の30%

 または3分の1くらいまで】

 

と言われています。

 

月収が20万円くらいの方なら

 6万円くらいまで

 

月収が30万円くらいの方なら

 9万円くらいまで

 

住む地域などによって事情は変わってきますが

このように考えるのが一般的です。

 

あとは【生活費などの固定費】から

 

「支払える家賃を考える」ことが重要です。

 

生活していくには「家賃以外」にも様々なコストがかかります。

 

・電気、ガス、水道などの光熱費

・食費

・雑貨、日用品などの購入費

・携帯電話、インターネット環境などの利用料金

・持っていれば車の維持費

などなど…

 

また交遊費なども必要になってきますし

人それぞれのライフスタイルによって

「必要な固定費」は変わってくるので、

ここでしっかりと家計を見直しましょう。

 

 ここで前述した30%の例をあげてみます

 

給与の手取り額が20万円の方

家賃を6万円払うと14万円残ります

 

贅沢をしなければ…

基本14万円あれば必要最低限な生活はできるはずです。

 

よって家賃は収入の30%・3分の1までに抑えると

生活がしやすいことになります。

 

間取り

スポンサーリンク

希望のお部屋の条件

 

費用のことを考えたら

次は「エリア」「間取り」などの

 

お部屋の条件を 

考えないといけませんね。

 

意外とこの「住まい探し」の条件が…

 

定まっていない方が多いのです。

 

よくある質問が徒歩〇〇分てどのくらいの距離?

ゆたまる

約80m計算だよ!基本は直接距離ではなく実際の距離だね!

コンさん

 

エリアを決める

 

まずは希望のエリアから決めていきましょう。

 

最初から「ここ駅に住みたい!」などと考えるより

 

勤務地や大学から何分以内などで

エリアを選ぶと

 

沿線などで検索できるので、

物件の幅が広がります!

 

中心となる駅によって家賃はもちろん変わってきますが、

基本的には「ターミナル駅」から

遠くなるほど、家賃は下がっていきます。

 

最寄り駅から「何分以内」と

ある程度決めておくと検索もスムーズになります。

 

中学生くらいまでのお子様がいる場合には

学区でエリアは限定されてきますよね。

 

その場合には学区を調べて、

〇〇市〇〇の地区で限定しておきましょう。

 

また卒業が近いタイミングだったりすると、

「越境通学」が可能か?調べるのも方法の1つです。

 

間取りを決める

 

一人暮らしなのか…

家族で住むのか…

 

それぞれのライフスタイルによって

 

必要な「広さ」「部屋数・間取り」

変わってきますよね。

 

資料で写真や間取り図をみるのと

 

実際に内覧した時のイメージが

違う場合があります。

 

なので最低限の「広さ」「部屋数・間取り」から

(〇㎡・〇LDKなど)

検討していくと

 

次の物件検索が楽になってきます。

 

最低限より広い・部屋数が多い分には

基本的には困らないということです。

 

家

スポンサーリンク

物件検索の方法

 

皆さんはどのような方法で物件探しをしているのか…

 

今は9割以上の方がネットでお部屋探しをしています。

 

室内の写真なども豊富なので

先にネットで検索してみましょう。

 

ネットで検索するにしても…

いろいろなポータルサイトが乱立しています。

 

個人的には「SUUMO」がオススメです。

 

理由としては

 

・不動産会社が一番お金をかけている場合が多い。

 =一番力を入れているサイト

 

・情報量も多い

 

よって信用度が高めだと思います。

 

※注意点がそのサイトでしか取り扱っていない物件もある

 

ネット検索の方法

 

まず希望のエリアから検索していきます。

 

「沿線」「駅」「市町村」などですね。

 

ポータルサイトも良く出来ているので

楽にエリアの検索ができます。

 

 

【希望条件を入れていく】

 

・賃料

・駅徒歩○○分などのエリア

・希望の間取り

 

これが基本的な3大条件となります。

 

「3大条件」からさらに

 

こだわりたい条件を入れていきましょう。

 

 

・敷金礼金無しなど

・マンション、アパート、戸建て

・○階の部屋、角部屋など

・フローリングや室内洗濯機置場などの室内設備

・バス、トイレの仕様

・即入居可、女性限定など入居条件

などなど…

条件を入れていくとキリがないくらいですね💦

 

気をつけたいポイント!
 

・条件が多いほどヒットする物件が減っていきます。

・最初は条件を少なめにしてヒットする物件が多かったら

 条件を加えていきましょう。

 

 

実際に内見する物件を決める

 

検索でヒットした物件を、全て内見するのは

時間も体力も必要ですし難しいですよね💦 

 

 「物件検索」で何件か候補になる物件が出てきたら

詳細を確認して物件を絞っていきましょう。

 

物件を絞るポイント!
・希望に近い間取りから選ぶ

・記載されている写真から選ぶ

「物件概要」などの詳細も確認して選ぶ

・築年数や設備などから選ぶ

 

説明

不動産会社へ問い合わせのポイント

 

いざ「内見した物件」が決まったら

いよいよ不動産会社に問い合わせです。

 

方法は3つあります。

 

①ネットから見つけた物件にメールで問い合わせ

 

②ネットから見つけた物件に電話で問い合わせ

 

③物件を取り扱っている不動産会社に直接行く

 

主な方法は①②になります。

 

個人的にはですが↓

問い合わせのポイント!
・詳細な資料が欲しい場合にはメールで資料請求

・既に見たい物件と内覧の日時も決まっていれば

 電話の方が早い

・内覧したい場合には複数件を内覧できるか?

・複数社から選びたい場合には別々に連絡する

 

メールでの問い合わせのポイント

 

メールでの問い合わせの際にちょっと希望を書き足すだけで、

不動産会社の対応も変わってきます。

(少なくともわたしは(笑))

 

メールでの問い合わせのポイント!
・資料請求のみなのか内覧希望なのかを明確に

・資料請求の場合でも「〇〇エリア希望」など書き足す

 (プラスアルファの資料をもらえる)

・内覧希望の場合は具体的な日時も記載

・メールにしても返信はちゃんとする

(レスポンスのあるお客さんの方が営業さんもやる気がでます!)

・電話が嫌な方は「メール対応希望」と記載する

 

実際にお客様から来るメールには備考欄などに書き足してる方が

少ないので、もったいないなぁと感じています。

 

問い合わせのメールを見る・対応する営業マンも人です。

 

もちろん営業マン、会社によって違いはありますが

抱えている顧客の中に優先順位があります。

 

無反応だと、優先順位の上にくるはずはないですよね?

 

また個人的な意見ですが、上記の事項を記載したのに守られず、

何回も電話したりしてくる会社とは付き合うのはやめた方がいいです。

 

お客様の希望も守れないような会社・営業マンです。

きっと実際に会って物件探しでもそうなります。

 

 電話での問い合わせポイント

 

・メールでのやり取りが面倒な方

 

・急いでお部屋探しする方

 

・内覧希望日時が近い方

 

・取り急ぎ「空き状況が知りたい」など

 

どちらかというと

急いでいる方にオススメの方法ですね。

 

「〇〇マンション」を見たい!

 

「〇〇アパート」のこれが気になる。

 

などなど、気軽に聞いてみましょう! 

 

また不動産会社を選ぶのに迷っている方などは

 

電話での対応、物件への知識などで

選んでみるのも良いですね。

 

ちょっと資料が欲しくてメールで問い合わせしたら…

何度も不動産会社から電話がかかってきたなぁ(ToT)

ゆたまる

向こうも仕事だからしょうがないのもあるけど…

こちらも予防しておかないとね!

コンさん

 

気に入ったお部屋の内覧時のポイント

 

不動産会社へ問い合わせをして

見学の予約が完了したらいよいよ

 

実際にお部屋の内覧です。

 

資料で「間取り」「写真」などを見ても

実際には良い意味でも悪い意味でも

想像と違う場合があります。

 

 後々に後悔しないためにも

しっかりポイントを抑えておきましょう。

 

室内のチェックポイント

 

間取り図・写真などの資料では

天井の高さ・陽当り・通風などが分からないですよね。

 

内覧時にしっかりとチェックしていきましょう!

 

室内のポイント!
部屋の広さ、位置関係など:広さはもちろんのこと、ドアや収納の場所によって、設置したい家具などが置けない場合も

陽当り:間取り図では陽当りが良さそうにみえても、遮る建物が目の前にあれば陽が当たりません。向きによって陽の当たる時間帯が違う点も注意!

窓の大きさ、数:カーテンのサイズ、必要な枚数を考えるのに、先に知っておくと便利です

洗濯物を干す場所:バルコニーに干せるスペースがあるか?または浴室や室内に干せる場所があるのかをチェック!

コンセント:配置されている位置によって、家電などの置く場所が限られる場合があります

設備など:エアコン、コンロなどの備え付けの設備があるかチェック!

傷や汚れなど:現状のままなのか?どのような対応になるのかを確認!

 

【忘れないようにするために!】

 

・不動産会社が用意してくれる図面にメモを取りましょう!

 

・各設備、部屋を写真で撮るのもオススメです。

 

 建物の全体、周辺環境のポイント

 

物件探しをしていると…

ついつい室内ばかりに気を取られがちになってしまいます💦

 

建物の事、周辺環境も大事なポイントになるので、

忘れないようにチェックしていきましょう!

 

【 建物の全体の事】

 

室内を内覧する前後に、建物をぐるっと1周りして、

共有スペースもチェックしてみましょう。

 

建物の全体のポイント!
・駐車場、駐輪場の有無、料金

・共有スペースが乱雑としていないか?(住民の方のモラル・管理体制)

・ゴミ置き場の場所、ゴミ出しのルールなどの確認

・WiFiなどネット環境の確認

・セキュリティー面はどうなっているか?オートロックやモニター付きインターホン、防犯カメラなど

 

女性の一人暮らしの場合には

特にセキュリティー面は気をつけたい点ですね。

 

また周辺環境も毎日のライフスタイルに関わることです。

 

「徒歩〇〇分にスーパーがあるから便利ですよ!」

と営業さんに言われても…

 

実際に歩いたら坂でもっと時間がかかった💦

なども考えられます。

 

面倒かもしれませんが、実際に周辺を散策してみるのが

良い方法です。

 

周辺環境のポイント
・スーパー、コンビニなどの商業施設が近くにあるか?

・通学、通勤ルートの確認

・教育機関の場所の確認

・最寄り駅に行く手段の確認(駐輪場なども)

・バス便の場合は始発、通勤時間帯、終バス時間の確認

・病院や公共施設の確認

 

特にスーパー・コンビニ・ドラッグストアが近くにあると

かなり便利に感じるはずです。

 

駅まで出ないとスーパーが無くて、買い物に困った物件があったなぁ(ToT)

ゆたまる

ちょっとした物を買うのにも、近くに商業施設があると本当に助かるよね!

コンさん

 

まとめ

 

今回は、お部屋探しの物件申込み前までを

重点的に記事にしました。 

 

お部屋探しの条件によって

探しの方は変わってくるかもしれませんが

 

基本的な探し方の部分は一緒です。

 

注意したい点が…

ネットで探して不動産会社に行ったとしても

担当の営業さんによっても変わってきます。

 

ある程度は営業さんのトークで左右されてしまう点も

考慮しておきましょう。

 

例えば他の物件で決めて欲しい営業さんだったら…

あなたの気になる物件の悪い点ばかり言ってくるかもしれません。

 

わたしからアドバイスをするとしたら

すべてを鵜呑みにしないことです!

 

もちろん本当に親身になってくれる営業さんもいると思うので

難しいですが💦

 

迷ったら、他の不動産会社に行くのも手段の1つです

 

気に入った物件を第一に考えて

信頼できる不動産屋を見つけましょう。

 

また賃貸だからちょっとくらい失敗してもいいや!と

思っている方も中にはいるはずです。

 

ですが、賃貸と言えどもほとんどの方が

引越し代なども含めると…

諸経費は10万円単位の出費になってしまいます。

 

手間がかかるかもしれませんが、

肝心なところのチェックを忘れずに!

 

新居をお探しの方に…

素敵なお住まいが見つかりますように。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
神奈川で不動産仲介をやっています(^^) じいじ・わたし・むすめの オールB型 3世帯3人家族です♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ゆたマルシェ , 2019 All Rights Reserved.